めったに更新しないスタホ日記

タイトルの如く滅多に更新しないスターホース日記です。 週末は中央競馬で忙しく、平日は仕事終了後、スタホ主戦場へ直行!閉店まで粘る毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スタホを封印して(朝寝坊してサテ取れなかっただけでしたが。。)応援中の五輪野球3位決定戦。
現在4回表終了で4対4。
投手出身で精神主義の星野監督の弱点がモロに出ている現状です。
まず、和田投手の交代が遅すぎる。
GG佐藤選手のエラー後、ストライク先行しながらの四球の時点で手を打つべきです。(素人の私ですらテレビに映った和田投手の表情をみてこれはダメだ!と思えました。)
ベンチ入り投手10人もいるなら常にリリーフできるよう準備させるのは当然ですし”立ち直ってくれ”という監督の思いが空回りしているような気がします。
国対国の戦争だとか総力戦だとかいうわりには気持ちがみえません。
右打者の外角低めはストライクを取ってもらえない審判というのが解っているのに勝負球をそこに何故もっていく?アメリカの打者は振らないでしょう?カウントを悪くして甘いトコへ投げ、一発。
(何故コーチ陣から指示が出ない?)
勝負して打たれたのならこんな歯がゆい思いはしません。昨日の韓国戦の負けはけっして星野監督の責任とは思いませんが、(誰のせいでもない、勝負のアヤだと思います。)
今日の試合に関しては勝敗に関わらず首脳陣の責任は問うべきではないでしょうか。
メダルこそ取れなかったけれど女子サッカーの選手の懸命な姿をみているだけに非情に残念でなりません。
全員プロだという姿を後に続く世代の子供達に見せて欲しいと思います。
現時点では試合結果はわかりませんがメダルの有無に関わらず胸をはって帰国できる試合を望みます。
スポンサーサイト
私も盆休みに入ってスタホ三昧だ!と意気込んでいましたが、朝一にも拘らず、なかなかサテが取れない。
最近とある常連Pの友人達が大挙して新規登録。パシリ?役の子が朝一で皆の分サテを独占してしまうのですよ。(先週の日曜日の朝一状況。9:00開店で9:10頃着いたら既に空きサテは1台のみ。なのにプレイカードが入っているのは10台中、4台。つまり5台分はキープ台ということ。)

まあ、10分後くらいには皆来店しているので台確保に関しては文句も言えず、仲の良い常連さんが座れないことも多々。夏休みだからですかね~。(学生ではないようですが)

そんな訳で昔の朝一狙い目スロット台確保並みに稼動が辛いこの頃。なかなか進行しません。

今回のテーマは”カマシ”理論。 
(個人的な見解ですが、カマシ→噛まし=明らかに叩き台、勝つ気がない、またはその気があっても勝てる条件が揃っていないのにレースに出走させること。)
古くは1999年のJCでのインディジェナス。前走明らかに距離の足らない1000mのハンデ戦を61kG背負って惨敗。距離が合うJCでは人気薄も2着に。
また2003年のJCDでのフリートストリートダンサー。GI3着後、平場ハンデ戦使って、1番人気6着。
JCDでは1番人気アドマイヤドンを破って優勝。道悪だったからだけじゃんと思った貴方!スタホでは良馬場でも結構勝つでしょ?(笑)
まあ、上記2つのレースはカマシ理論でかなり儲けたので(両方とも万馬券でした!)記憶に残っている訳ですが、スタホでも当て嵌まるフシがありそうです。
例えば、「前走完璧」、「今回も勝つ」、「連勝濃厚」、等の短評の時、1番人気の自馬ってほとんど飛んでいませんか?(私の馬だけ??)
これは厳密には意図的カマシではなく”ゲーム上でのカマシ馬”扱いされていると考えています。
ALL◎の単勝1倍台のP馬がやたら飛ぶのもそうですね。
スタホのゲーム性上、レースに勝って着恩恵で素質量を減らさずオッズ良化を重ねて更に勝ちを重ねる。=これが王道なのは百も承知!。
しかーし!そんなのは何十代もひたすら未出走で漬け続けてGI初戦オッズ2倍台を叩きだせる馬作りの才能を持ったプレイヤーだけの話でーす。
私のような4代連続尾花柵越えの怪物クン達が4代合計でGI5勝などという凡プレイヤーには遠い遠い世界です。
そこで1番人気が決定的な怪物クンをあえて格下のSコメクンと2頭出し。格下クンに勝利させるという
強制カマシ方式でラリー制覇を実行しているこの頃です。普段はラリーの懸かった最後のレースや、厩舎何百勝目の懸かったレースなど制御があるかのごとく勝てませんが、実にアッサリ勝てるようになりましたw。
如何なもんでしょ?ご意見お待ちしております。
28MAY-00_convert_20080803022337.jpg
ほぼ一ヶ月、日曜をつぶしたリフト免許講習も終了し今週末は久々にスタホ三昧!
を予定していたのですが、8・9は 愛知県体育館で新日本プロレス真夏の祭典”GI クライマックス”
があることを思い出しました。
毎年観戦しているので今年も行くつもりなのですが、開場が16:00なので朝一スタホ(9:00開店→14:00くらいまで)はできそうですw。
↑写真のような何か1つくらいネタが拾えれば嬉しいのですが、さてどうなることやら。
GIクライマックスの個人的注目カードは
◎バーナードVS小島聡▲
 天山広吉VS川田利明○       
×永田裕志VS中邑真輔          ( △棚橋弘至)

で、この3試合の勝者の中から優勝者が出るのではないかと思っています。
プロレスで闘魂注入されて馬も走らないかな~。



あれから一度も更新しないうちにスタホは進んでいきます。(P/Oは90%)
まるっきり稼いでくれないメイン馬の1系統、、、
1系統157代目 ダンスインザダーク×自家製サラ(7馬身差コメ)
(乳飲み→雪景色→黒服監視→2頭疾走、、ほっ。怪物あった。)
おとなしそうな尾花栗毛の男の子で怪物コメでした。
ラッキー!この系統気性が荒くて出遅れ癖が顕著だったので”ワンパク、元気”は少し怖かった。。。。1弥生賞(4,0倍=1番人気)1着=フジキセキ、ゲット!
2皐月賞(2,7倍=1番人気)2着(タキオン狙うもダメ)
3ダービー(2,6倍=1番人気)5着(マルゼンもダメーw。)
4WBCC(8,0倍=3番人気、黄権)5着(もう押さえが利きませんw。)
5~11GI2勝、WBC2着2回とそこそこ走ってきていましたが
13香港C1番人気=2,2倍、6着負け で黄権で出走決意。
12WBCT(2番人気=4,7倍、黄権)C馬1番人気4,7倍同率
での出来事です。
「スタートしました!おっと一頭出ないぞ。??番ゴールドマロンローズ、たいしたことはありません。」
ってセリフ終了時まだゲート内!!(ここでやるか?たいしたことないの?本当に?)初体験です。一瞬、皐月賞のラガーレグルスを思い起こしてしまいましたw(古っ!!)。
風車の色はオレンジ。他にP馬が2頭いるもののオッズ的には2桁台、期待が高まります。
最後の直線サイドランプは既にレインボー!最後方から怒涛の追い込み。(脚質はマクリなのに、、)
これは?来たか?来たのか!!     5着。。。。無念。笑いのネタができたところで帰宅を決意しました。
ところが次のSWBCで何故か赤紙召集が!  むむっ?!これは何かありそうだぞ。(ひどい出遅れ+オレンジ風車+ほぼ1番人気での負けの後、赤紙)  連投だっ!!
14SWBC(5番人気=16,3倍、赤紙)他P馬無し
何か波乱?がありそうな予感がしたので携帯をカメラモードに変更。
スタート!まともに出てくれました。!!電車が走っている!。位置取りはバイアリーの横、最後方。
トンネルを抜けて電車追走!!か?  いません。トンネル内で故障発生か?
「さあ、三大始祖を打ち負かす馬は登場するのか?」勝負所です。まだ後方3~4番手、ランプは徐々に赤に変わっていく。最後の直線、オルコックがタレ始め、ゴドルフィンが交わす勢い。ダーレー&ゴールドマロンローズ号が強烈なマクリで並びかける!ドキドキしますね!本当に。
ゴール前では1馬身以上抜け出し、セカンドから通じて初めてのSWBC勝利!となりました。
なにか作為的なシナリオ?を感じましたが、なにはともあれラリーも完全制覇でき喜び倍増!
はじめてまともに走ってくれた?系統の産駒でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。