FC2ブログ

めったに更新しないスタホ日記

タイトルの如く滅多に更新しないスターホース日記です。 週末は中央競馬で忙しく、平日は仕事終了後、スタホ主戦場へ直行!閉店まで粘る毎日。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏競馬も終了、いよいよ秋GIシーズンが始まりますね。
トライアルRも消化されつつ期待感が高まっていきます。
スタホの醍醐味は自馬が勝ってメダルを稼ぎ、成績優秀殿堂馬を作成する事。
実競馬の醍醐味は自らの予想が的中し当たり馬券を手に入れること。(ですよね?)
皆さんはどんな基準で予想していますか?
走破タイム?血統?騎手?所属厩舎?競争成績?馬場状態?
様々なファクターを絡み合わせて自分なりの予想スタンスを確立していると思います。
スタホの場合、
各クール面子が同じで(そこにP馬が入る)出遅れ等の要因があるにせよ
ほぼ同じようなR展開になります。
例)アドベガ:オペラオー:トップロードの3強世代の場合、
ベガは間違いなく最後方、オペラオーは中団からのマクリ気味、トップロードは前めの競馬というように展開がほぼ読めます。これに過去の同レースでの穴をあけた馬がいた時の展開とP馬の脚質や人気度を加味すれば大方の結果予想はできますね。(つまりスタホでの馬券ゲームは記憶のゲームだといえます)
実競馬の場合はゲームプログラムではないので各騎手の思惑が大きく影響してきます。
人気の逃げ馬をどこで捉えにいくのか?
またどこで仕掛ければ後ろの馬の追撃を封じる事ができるのか?
等の駆け引きの勝負だと言い換えることができます。
しかし乗ってる騎手本人ですら始まってみないとわからない実際のレースでそれらの駆け引きを事前に看破することはまず無理でしょう。
ただ古馬GIの出走馬に関していえば、ほとんどが完成されたスタイルを持っている為にある程度の
駆け引きを予想することが可能です。
そこで重要なのが枠順(馬番)です。
自分の軸予定馬(特に人気馬だった場合)の
両隣にどんな馬がいるのか?(掛かり癖は?スタートは?脚質は?)
またその馬の騎手は誰なのか?(ベテラン?騎乗技術は?性格は?主戦?)
これらをあまり考えないで軸にするのはとても危険!だと思っています。
(詳細な事例は長くなるので別の機会に述べたいと思いますが、軸馬の脚質と騎手、両隣の脚質と騎手だけは絶対に頭に入れておくべきです。)
これらを逆に分析すれば人気馬が凡走する可能性が大きいかどうかを予測でき、
穴馬券GETの確率もあがります。
特に10年周期説そのままに最近ブレイクしている若手騎手=松岡君、皇成君、川田君らが
騎乗するGIでそういった視点で見てみるのも良いかと思います。
それらを踏まえて、考え抜いた自分の予想が的中し、当たり馬券となって現金が還ってくる喜びは
WBC完全制覇よりも嬉しいのではないでしょうか?(笑)
↑やったことはないのですがw。。。。


スポンサーサイト
田舎に住む私は各地の4thロケテを羨ましく感じ、正規導入日が待ち遠しく思っています。
ネットなどでの情報からは3rd→4thの劇的変更点は無さそうだと感じました。
①出走取り消し制度
②ローテ予約制度
③GI優先出走権利制度
④オート調教制度
⑤プレミア演出増加
等も期待していましたがありませんでしたね。
ところで、4th正式導入に際して疑問が一つあります。
それは ※IN枚数の内部カットはあるのだろうか?※  ということです。
(スタホの稼動状況が厳しくなっているといわれる現状、店としてもメーカーとしても新規P開拓は絶対条件。店のメダル売り上げアップにスタホが貢献している証明に①稼動率UP、②遊戯者のメダル購入頻度UPは最低条件といえます)
プレイにあたって、ゲーム性の面白さは当然ですが、スタホプレイヤーのほとんどが、自馬のレース勝利を目指していると思います。勝てる馬を持っているPは面白いのでのめり込みますが逆に勝てないPは嫌気がさして辞めてしまいます。
(スタホにおける勝てる=強い?馬はINメダル数の量でほぼ決まるところがネックなのですね。つまり新規Pには最初からハンデがあるわけです。)

最近、(ディープ祭り不具合修正後から)新規Pの爆発的活躍や、初代馬の激走がやたら目立つと思いませんか?
血統を考え、勝ち継承、または何代も未出走配合して作成してもスライド×スライドでまともに素質UPが成功せず、イライラしている時に新規厩舎の初代馬がGIを何度もアッサリ勝つ。。。。
私の主戦場でも初代の尾花栗毛馬が激増。WBCのみならずSWBCですら平気で勝ってしまう。
新規厩舎開業後一ヶ月で獲得枚数5万枚って他の地域では普通なのでしょうか?
これらは4th導入にあたっての既成事実作りなのではないか?と思います。(邪推になってしまいますけれど)
つまり、低素質馬の激勝→引きが強い 高素質馬の凡走続き→人気泥 という便利な言訳をこの際既成事実にして4th導入時のスタートラインを平均化する意図があるのではないか?と。
素質量大の馬が強い(より勝利し易い)且つ素質量=INメダル枚数ならば内部的に素質量を削ってしまえば少ないR数で素質を枯らせる。。枯れればどの馬にもチャンスが生まれる。よって皆が競える為に面白いので新規Pも張り切る。。。。

新規Pが増えれば稼動率もあがり、メダル売り上げも上がる。。。。。
既存のPには自馬サイドベット制度によりメダルをより消費させる。。。。
(この自馬サイド制で間違いなくP馬のオッズ良化=サイド枚数UPとなるでしょうね。で今まで以上に一番人気P馬の凡走が顕著になる。)
私的には4th導入を期待しつつ、余計な(ヘビーPに不利な)V.UPはしてくれるな。。。とも思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。